学校法人監査<業務内容> | あすなろ監査法人は、学校法人監査と公益法人監査を中心として監査を行っている「誠実と信頼」をモットーとした監査法人です。

業務内容

学校法人監査

「学校法人」は,私立学校の健全な発達を図ることを目的として,昭和25年に私立学校法により設置されました。 昭和46年には学校法人の経理の合理化および適正化の確保を図るために、「学校法人会計基準」が制定されました。国または地方公共団体から補助金の交付を受ける学校法人は、私立学校法により、学校法人会計基準に従って会計処理を行い、計算書類を作成しなければならないとされました。

その後、「私立学校振興助成法」が昭和50年に制定され、私学振興助成法に基づき学校法人に対する会計監査が導入され、今日に至っています。 学校法人は、生徒からの納付金のほか、税金を源資とする補助金などによって収入を賄っている公共性の高い法人であり、学校法人の財務状況を保証するため、公認会計士又は監査法人による会計監査制度が導入されています。当監査法人では、高品質の監査を実施することにより、学校法人の財務の透明性・信頼性を支援します。